NEWS

[11/4開催]ホンマタカシ × 家成俊勝 × 大西巧 現代の表現者が語る茶の魅力

[11/4開催]ホンマタカシ ×  家成俊勝 × 大西巧 現代の表現者が語る茶の魅力
[11/4開催]ホンマタカシ ×  家成俊勝 × 大西巧 現代の表現者が語る茶の魅力

今回は、本年3月に開館したばかりの中之島香雪美術館の常設展示である、国指定重要文化財「旧村山家住宅」に建つ茶室「玄庵」を原寸大で再現した「中之島玄庵」や企画展の観覧とトークを行います。茶への造詣が深い写真家・ホンマタカシ氏、建築設計に留まらない幅広いプロジェクトを手がける建築家・家成俊勝氏、滋賀県高島市の和ろうそく「大與」の四代目主人として灯と人の在り方を模索する大西巧氏が、それぞれ独自の視点で、茶の魅力について語ります。

サイトツアー/トーク03 中之島香雪美術館
「ホンマタカシ × 家成俊勝 × 大西巧 現代の表現者が語る茶の魅力」

日時:2018年11月4日(日)
観覧15:00―16:50/トーク17:00―18:30(受付開始15:00)
会場:中之島フェスティバルタワー・ウエスト6階 会議室
*展覧会は受付後に入場券をお渡ししますのでご自由にご観覧ください。
*受付場所:中之島香雪美術館(大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階)

料金:一般1,400円/学生1,000円(中之島香雪美術館入館料を含む)
定員:30名(要事前申込・先着順)

トークゲスト:ホンマタカシ(写真家)、家成俊勝(建築家/dot architects)、大西巧(和ろうそく大與 四代目主人)
司会進行:木ノ下智恵子(大阪大学共創機構社学共創本部 准教授/アートエリアB1運営委員)

【お申し込み】
☞予約フォームへ

ゲストプロフィール:
ホンマタカシ | Takashi Honma
写真家。1999年写真集『東京郊外』で、第24 回木村伊兵衛賞を受賞。2011年から2012年にかけて、個展「ニュー・ドキュメンタリー」を日本国内三ヵ所の美術館で開催。著書に『たのしい写真 よい子のための写真教室』(平凡社)、近年の作品集に『THE NARCISSISTIC CITY』(MACK)がある。また2018年6月末に『ホンマタカシの換骨奪胎―やってみてわかった!最新映像リテラシー入門―』(新潮社)を刊行。http://betweenthebooks.com

家成俊勝 | Toshikatsu Ienari
1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectを共同設立。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなど、分野にとらわれない人々や組織が集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。建築設計だけに留まらず、現場施工、アートプロジェクト、さまざまな企画に関わる。代表作はUmaki Camp(2013、小豆島)など。第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2016)にて審査員特別表彰を受賞(日本館出展作家)。現在、京都造形芸術大学空間演出デザイン学科准教授。http://dotarchitects.jp/

大西巧 | Satoshi Onishi
1979年生まれ。近江手造り和ろうそく大與四代目主人。和ろうそく職人。立命館大学経済学部卒業後、烏丸二条・松栄堂に入社し、茶の湯と出会う。2004年より、実父の元で、和ろうそく職人の修行を始める。2011年、代表取締役就任。同年、ディレクター、デザイナーとして関わった「お米のろうそく」でグッドデザイン賞、グッドデザイン・中小企業庁長官賞を受賞。2014年創業100周年を機に「灯と人を繋ぐ」コンセプトブランド・hitohito(ひとひと)を立ち上げ、暮らしの中の灯と人の関係や在り方を問い、発信している。http://www.warousokudaiyo.com

【関連情報|中之島香雪美術館 現在開催中の企画展】
中之島香雪美術館 開館記念展
「珠玉の村山コレクション ~愛し、守り、伝えた~」
Ⅳ ほとけの世界にたゆたう
会期:2018年10月6日(土)―2018年12月2日(日)[月曜休館(祝日の場合は翌火曜日)]
会場:中之島香雪美術館
詳細は、中之島香雪美術館ウェブサイト

企画協力:中之島香雪美術館
画像:中之島香雪美術館 外観(提供:中之島香雪美術館)

[11/4開催]ホンマタカシ ×  家成俊勝 × 大西巧 現代の表現者が語る茶の魅力