NEWS

[12/9開催]現代アートと古陶磁との出会い

[12/9開催]現代アートと古陶磁との出会い
[12/9開催]現代アートと古陶磁との出会い

「クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島」連携拠点の一つ、大阪市立東洋陶磁美術館は、国宝を含む東洋陶磁の貴重で豊富なコレクションを有しています。同館で現在開催中の「オブジェクト・ポートレイト」展では、ニューヨークを拠点に活動する美術家エリック・ゼッタクイスト氏による写真シリーズが紹介されています。

ゼッタクイスト氏は東洋の古い陶磁器をモノクロームの強いコントラストで撮影して、思いがけない形象を浮かび上がらせています。これらの作品は、枯淡な美の伝統に通じており、対象に依存しない独自の存在感をたたえています。その極限表現は、陶磁器への一つの見方をしめすとともに、過去の名品にふれて新たな創造へと向かっています。今回は、ゼッタクイスト氏をお招きして、私たちは古陶磁をどう観るのか、古陶磁はどのように私たちを触発してくるのか、一緒に考えます。

ラボカフェスペシャル featuring クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島 05
「現代アートと古陶磁との出会い」

日時:2018年12月9日(日)13:00~16:30
場所:アートエリアB1
ゲスト:エリック・ゼッタクイスト(美術家)、出川哲朗(大阪市立東洋陶磁美術館館長)、久野はるな(イムラアートギャラリー)、高安啓介(大阪大学文学研究科准教授)
カフェマスター:宮川智美(大阪市立東洋陶磁美術館 学芸員)、木ノ下智恵子(大阪大学共創機構社学共創本部 准教授/アートエリアB1運営委員)
定員:40名(当日先着順・入退場自由・無料)

主催:文化庁、アートエリアB1運営委員会、大阪市立東洋陶磁美術館、大阪大学文学研究科 比較デザイン学クラスター

【内容】
13:00-14:00
第1部 物の肖像
エリック・ゼッタクイスト(「オブジェクト・ポートレート」展出品作家)
*日本語逐次通訳あり

14:20-15:20
第2部 古陶磁をどう観るか 
出川哲朗(東洋陶磁美術館)
宮川智美(東洋陶磁美術館)

15:30-16:30
第3部 古陶磁に触発されて
久野はるな(イムラアートギャラリー)
高安啓介(大阪大学)

【関連情報】
企画展「オブジェクト・ポートレイト Object Portraits by Eric Zetterquist」
大阪市立東洋陶磁美術館
会期:2018年12月8日(土)〜2019年2月11日(月)
※月曜休館(ただし、12/24、1/14、2/11は開館、翌火曜休館)、年末年始休館[12/28(金)~1/4(金)]
☞ 詳細は、大阪市立東洋陶磁美術館ウェブサイトへ

[画像]
・大阪市立東洋陶磁美術館 外観

[12/9開催]現代アートと古陶磁との出会い