NEWS

[1/29開催]饗庭伸 都市計画の視点で巡る中之島フィールドリサーチ

[1/29開催]饗庭伸  都市計画の視点で巡る中之島フィールドリサーチ
[1/29開催]饗庭伸  都市計画の視点で巡る中之島フィールドリサーチ

人口減少時代における都市空間の変化や都市計画のあり方について論じた『都市をたたむ』(2015)など、実践もふまえ都市を多角的に研究する饗庭伸氏は、12月から1月にかけて都市計画の視点から中之島エリアのフィールドリサーチを行っています。
今回は、都市と人との関係性の掘り起こしや再編成を考察するためのワークショップの要素も取り入れながら、中之島のリサーチについてお話します。

ラボカフェスペシャル featuring クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島 08
中之島リサーチプログラム:饗庭伸
「都市計画の視点で巡る中之島フィールドリサーチ」

日時:1月29日(火)19:00−21:00
会場:アートエリアB1 ☞ アクセス

ゲスト:饗庭伸(首都大学東京 都市環境学部都市政策科学科 教授)

カフェマスター:久保田テツ(大阪音楽大学准教授/アートエリアB1運営委員)、木ノ下智恵子(大阪大学共創機構社学共創本部 准教授/アートエリアB1運営委員)
定員:30名(参加無料・当日先着順・入退場自由)

ゲストプロフィール:
饗庭伸|Shin Aiba
首都大学東京都市環境学部都市政策科学科教授。1971年兵庫県西宮市生まれ。専門は都市計画とまちづくり。人口減少時代における都市計画のあり方、震災復興、東アジア諸国のまちづくりなどに関する研究とともに、岩手県大船渡市、山形県鶴岡市、東京都世田谷区など、国内各地のまちづくり現場に携わる。近著に『都市をたたむ』(花伝社、2015)、『コミュニティによる地区経営』(共著、鹿島出版会、2018)、『白熱講義 これからの日本に都市計画は必要ですか』(共著、学芸出版社、2014)など。
http://www.aibalab.com/

[1/29開催]饗庭伸  都市計画の視点で巡る中之島フィールドリサーチ